熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  筆おろし体験談 >  大きなおっぱいの叔母に添い寝しながら、筆おろししてもらった【おばショタ体験談】

大きなおっぱいの叔母に添い寝しながら、筆おろししてもらった【おばショタ体験談】

中学生の時のおばショタ体験です

あれは夏休み

家族と親戚とで海にいきました。

海からあがって、民宿の部屋にいくと、
小さい子は昼寝しだして、親戚の叔母さんが
よつんばいになって、タオルをかけたりしてました。

おばさんのワンピースの胸の中は丸見えで、
大きなおっぱいがぶらぶら揺れていました(ノーブラだった)。


僕は、のぞきこむみたいにして見ていると、
くすっと笑って「なに見てるの」というので、あわてて寝ました。

でも、勃起してたまんなくて、
しばらく短パンの上からさわったり、
横からチンチンを出していじってると、
添い寝してるはずの叔母さんが、見てるんです。

あわててしまったら、「ふふ」と小声で笑って、
声を出さないで「おいで」と言って立ち上がっていきました。

お母さんたちは寝てるので、僕はそっとついていくと、
洗面所にいって、「立って眠れないのね」
と笑いながら僕の短パンを脱がせました。

僕は短パンをじかに穿いてたので、
ピンピンのチンチンがもろ出しです。

押えたら、「隠さなくていいの」と、手をのけて、
石鹸を手につけて両手で洗ってくれました。

気持ちよくって、僕は初めて射精しました。

はあはあいってたら、「気持ちよかった?」と顔をのぞくので、
「うん」というと、僕が初めて出したと聞いて
「うわぁ、責任感じちゃうなあ」といって、
「でも、まだ立ってるんだね。元気だー」
と手ではじいたりしました。

「ね、おいで」というのでついていくと、
鍵をかけてはいるお風呂にいって、誰もいないので、
鍵をして、おばさんはどんどん裸になりました。

叔母さんはお母さんより7つ下で、37歳でした。

おっぱいがすごく大きくて、
お母さんみたいに垂れてないし、乳首もきれいでした。

僕は、また出そうになって、必死で押えて我慢してたら、
叔母さんは、「いいのよ、おいで!」と寝転んで、
僕を上にして抱きしめてきました。

柔らかい体で、すごく気持ちよかった。

思わずおっぱいを吸ったら「もっともっと吸って!」
と僕の顔を押し付けて、手でおっぱいをもませました。

そして、片手で僕のちんちんを探して
、あそこに入れてくれました。

ぬるっとした感じで、根元まで全部入ったら、

「あぁー」と気持ちよさそうにのけぞって、
お尻を動かすので、僕は我慢できなくて、
「びゅ~~」とはげしく出しました。

でもその後も勃起したままで、
それから僕もだんだん腰を動かして、
けっこうはげしくHをして、
何度もおばさんの中出しして、筆おろししてもらいました
関連記事
[ 2015/09/27 20:06 ] 筆おろし体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。