熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  アブノーマル体験談 >  割れ目にパンティを食い込ませて・・・・

割れ目にパンティを食い込ませて・・・・

18歳で妊娠、20歳で結婚、出産。旦那は1つ年下です。
中学、高校と女子校だった私は大学生になり、今の旦那にひっかかってしまい妊娠したというわけ。当然、大学は中退。

ですから、旦那以外に男の人は知りません。
昔から童顔でチビ。おまけに目が悪くいつも眼鏡。


周りから女性として見られたことのなかった私は、初めての男に全てを捧げてしまったのです。
そういう人も世の中にはいっぱいいるし。

友人たちはそう言います。
しかし、子供も小学校に通い始め自分の時間が増えるにつれて

なんかつまらない気がする・・・
と、漠然とした思いが体の内側から湧いてきました。

27歳という年齢はさほど若くはないけれど、まだまだ色々できるんじゃないかなぁ
なんて、夫も子供もいるのに、そんな事を考えてしまう。

とある日曜日。モヤモヤした気分を払拭しようと思い
子供を旦那に任せ、私は一人街へ買い物へ。

久々のショッピング。(当然、大したものは買えないんですけど)
暫くこないうちに、駅ビルの中の様子も大分変わっていました。

今はこんなのが流行ってるのか・・・
一通り見て回った後、休憩のために喫茶店に入りました。

隣には大学生くらいのカップル。
独りで喫茶店やファミレスなんかに行くと、ついつい隣の会話が気になるというか、耳に入ってきてしまいます。

女「この前も言ったけどさぁ、何とかなんないわけ?」
男「だからさ、今ここで話すことじゃないでしょ」

女「じゃあどこで話せばいいの?家じゃ私の話なんて聞いてくれないじゃない」
男「分かったからさぁ、もう少し声小さくしてよ」

女「何よ?アンタが浮気するからいけないんでしょ!?」
男「・・・わかってるって。お願いだから声・・・・」

女「もういいわよ!私の話より周りの目が気になるなんて最低ッ!!!」
女は捨て台詞を吐き、勢いよく立ち上がり退場――

おそらく、私以外の人もこの2人に釘付けだったに違いありません。
まるでドラマのワンシーンを見ているようでした。

男が独り残り、周りのお客さんたちは何事もなかったかのように、
それぞれ会話したり読書したり。

私は何となく取り残された男の方を眺めると
「聞こえてました・・・よね?」

恥ずかしそうに頭をかきながら喋りかける男。
駅で独り、階段につまずいた時なんかの気まずさに似てる。

多分この男も、独りで黙っているのが苦痛だったんだろうな。
瞬時にそう悟りました。

「えぇ・・・でも、あんな大声でなくても、ねぇ?」
慰めるように言うと、男はあははと笑いました。

笑いながら、少し泣きそうな様子になっているのが可愛くて。
「ねぇ、よかったら焼肉行きません?」

「・・・は?」
「フラれた後は景気良く!奢ってあげるよ」

「え、でも」
「よし!そうしよう!!」

私は強引に彼をひっぱり焼肉屋へ。
男はキョロキョロして困ったようにしていましたが、私の後へ付いて来ました。

「嫌なことはこの際忘れちゃおうよ」
「ん~そうっすね!姉さん、飲みましょう!!」

お酒もお肉もこれでもかという程注文し、勢い良く平らげていきました。
焼肉を一緒に食べる男女は・・・どうのこうの

というフレーズが頭を回っていました。
いいえ、酔いが回っているのでしょうか?

久々に大量に飲みました。お肉をこんなに食べたのも久しぶりです。
「姉さん、聞いてくださいよ、アイツ・・・って、聞いてる??」

大分酔いが回っているのか、男は顔を赤らめながら語り出します。
「はいはい、姉さんは聞いてますよ。でもアナタはフラれたんだから、彼女のことは忘れなさい」

「いやね、あの女、俺から別れてやろうと思ってたんですよ」
「強がりは、かっこ悪いよ」

「いや、あの喫茶店で充分かっこ悪いし。姉さんには見られてるし」
「そりゃそうだ」

「あんな女より姉さんの方が全然いい女だよ」
酔っ払いの言葉に、一瞬ドキっとしてしまいました。

「私なんて子供っぽいし、アナタの彼女、いや元彼女、相当きれいな人じゃない」
「あんな奴、全然だよ。エッチの時もマグロだし」

「マグロって、それはアナタの腕が悪いんじゃ・・・・」
「うわ、ひでぇ。じゃあ確かめてみる?」

さっきより赤い顔をした男。目が完全にすわってきている様子。
私はお酒で痺れた頭を使って考えてみる。

このままお酒のせいにして、この男に抱かれてみたい。
旦那以外の男は、どんなセックスをするんだろう。

私は俯いて、声が漏れないように一生懸命我慢しました。
しかし、次第に激しくなる指使いに頭が変になりそうです。

「もうだめ・・・お願い」
体がビクビクと震え出した私。

男はその場でタクシーを止め、外へ。
フラフラと男にしがみ付きながら、私も車外へ出てみると

そこは古びた感じのマンションの前でした。
男は無言のままエレベータに乗り、最上階のボタンを押します。

扉が開き下りると、どこかの部屋へ行くかと思いきや、また階段を登ります。
登りきった目の前には、少しスペースのある踊り場と、屋上へ通じる扉。

ガチャガチャとノブを回してみても鍵がかかっているのか扉は開きません。
男は諦めたのか、急にドアノブから手を離すと、私を強く抱きしめ、舌を突っ込んできました。

そのまま力の抜けていく私。
襟首から突っ込まれた手は、もうブラの中の乳首を弄っています。

男は私の頭をいいこいいこする様に撫でると、肩を上から床に押し付けるように力を加えました。
そのまま地面にへたり込む私。

目の前に、カチカチになったチン○ンが突き出されました。
私はめいっぱい口を開き、根元から咥え込みます。

唇が陰毛と陰茎の境に触れると、チン○ンがビクっと震えました。
そのままジュポジュポと吸いながら、顔ごと深く浅く吸い付き

舌先を動かして陰茎に絡み付けました。
「ああっ・・・上手いよ」

男は気持ち良さそうに頭を撫で、うっとりと目を瞑ります。
私は嬉しくて、一生懸命舐めました。

そして右手では自分のクリをパンティ越しに撫で擦っていると・・・
「あれ・・・オナニーしてんの?気持ちいい・・・??」

「んっ、ひもひぃい」(気持ちいい)
「ほら、クリじゃなくて指を穴に挿れてごらん」

「んんっ、ふぅんっ、んっ」
言われた通りにパンティをずらし、割れ目の中心に人差し指と中指を滑り込ませると・・・

ヌルヌルとして暖かい感触。
自分の割れ目の中の中まで穿り返すように動かしました。

「んんっ、んんあっ・・・・」
自分の指で中まで触ったのは始めて。

気持ちよくて、どんどん溢れ出して、このまま指がふやけてしまいそうです。
関連記事
[ 2017/12/24 10:06 ] アブノーマル体験談 |
[タグ未指定]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。