熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  淫乱痴女体験談 >  友達のお母さんはキチガイ痴女でしたwwwwwwwwwww

友達のお母さんはキチガイ痴女でしたwwwwwwwwwww

 僕は小学6年生でした。
 友達の○斗の家に遊びに行きました。
 
 ○斗の家は一戸建てでしたが、僕はサプライズのつもりで塀を乗り越えて、庭の方から彼の部屋を急襲してやろうと思ったのです。
 
 塀を乗り越えて、しのび足で庭に入り込んだ時でした。


 「え?」

 縁側の近くで、椅子にもたれてタバコを吸ってる女の人がいました。
 ○斗のママ(以下、ママ)でした。
 ママと僕の目が合いました。ママはタバコを咥えたまま、一瞬固まりました。
 ママは下半身ハダカで、片手がお股の間に挟まっていたのです。
 
 「この、クソガキがっ!」
 ママは立ち上がると、いきなり僕の頬をグーで殴りました。
 「○斗のツレの癖して、留守を狙って忍びこむなんて。ヌスットめ!」
 
 僕は、女の人に殴られたのは初めてでした。それも、いつも僕を笑顔で迎えてくれる○斗のママに。僕はママをこんなに怒らせてしまった事が怖くなって、ママの足元に土下座をしました。
 「ごめんなさい! こっちの方から入って、○斗くんを驚かそうとしただけなんです。」

 ママの声がしました。
 「顔、あげなさいよ。」
 僕は顔をあげました。僕の目の前には、しゃがんだママがいました。
 そして僕の真ん前に、薄い毛にふちどられたママの「股のワレメ」があったのです。

 「見たんでしょ、私の秘密を。」
 僕は何も言えず、ただそのワレメに見いっていました。
 「いつまでも見てないで、アンタの秘密も見せてよ。」

 「ひ、秘密って……」
 僕が言うと、ママは僕を抱えるように起こして、ママがもたれてた椅子に座らせました。そして、手早く僕のズボンとパンツを脱がせたのです。

 「ふふっ、私に怒鳴られていながら、私の秘密を見てこんなになるなんて、アンタもやっぱり男なのね。」
 僕は、初めて自分のチンチンが固くなったのを見ました。
 
 ママが言いました。
 「アンタ、私が何してたか解ってるんでしょう?」
 僕は黙ってうなずきました。ママは僕のチンチンを親指と中指でつまみ、ひと差し指で先っちょをグリグリ回しました。
 僕は気持ちよくて、思わずキンタマがピクピクしました。

 ママは片手で僕のチンチンを触りながら、片手で新しいタバコに火をつけて言いました。
 「オナニーしてたのよ。オナニー……知ってるでしょ? アンタもエッチな事考えながら、こうやってオナニーしてるんでしょう?」

 僕は黙ってうなずくだけでした。
 ママは僕に、咥えタバコで顔を寄せて言いました。
 「私、何考えながらオナニーしてたと思う? あのね、チンチンの事考えてたの。 可愛い、言いなりになってくれる男のチンチンを。」

 ママはそう言うと、僕のチンチンに唇を近づけました。そしてチンチンの先っちょにフ~ッと細く、タバコの煙を吹きかけたんです。

 「ああっ!」
 僕はおさえようもなく、チンチンから液をほとばしらせてしまいました。
 僕はもう、精液が出る身体でした。でもいつも、チンチンをティッシュで包んで出していたので、こんなに勢いよく出るなんて知りませんでした。
 そして、ママの顔にいっぱいかかった精液の白さ。こんなに白いものだとも知りませんでした。

 ママはティッシュで顔を拭って言いました。
 「アンタの年で顔射なんて生意気な事するじゃないの。でもここは元気なまんまなのね……」

 僕は、ずっと気になってた事をママに聞きました。
 「あの……、○斗くんはきょうは……」
 ママは、僕の上にまたがって、僕の顔にタバコの煙を吹きかけると言いました。
 「ああ、○斗? あの子、きょうはサッカーの合宿だから帰って来ないわよ。」
関連記事
[ 2017/12/03 22:06 ] 淫乱痴女体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。