熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  淫乱痴女体験談 >  二穴使いのエロい素人主婦

二穴使いのエロい素人主婦

大学も夏休みに入り、家には自分だけ。

暇つぶしにお隣さんを覗いてみたら、妙に色っぽい隣人の人妻「亜樹さん」がパンツだけ脱いでバイブでオナニーしてた。

亜樹さんは30歳の奥さんでまだ子供がいなく、綺麗なスタイル。


今で言う美熟女?美魔女系の若妻って雰囲気

人妻のオナニーなんて滅多に生じゃ見られないと、覗き込むように見てたら動かなくなった。

どうやらイッたみたいだ。

そして、覗かれてるのに気づいて、ヤヴァイと思ったら普通に窓を開けて話しかけてきた。

心臓バクバクで何か言い訳を考えないと必死に考えていると、セックスへのお誘いだった。

見た目通りのスケベな主婦だったwww

お隣さんの玄関に入るなり、いきなりディープキス、鍵をかけて亜樹さんの寝室へ。

ベッドに座らされズボンを下ろされてフェラをし始めた。

待ちきれなかったらしく美味しそうに咥えてた。





すぐにイってしまったがそのときも亜樹さんは何も言ってないのに精液を全部飲んでくれた。

全裸になってベッドに押し倒されて騎乗位で生挿入、胸はでかくないがまんこの締りはすごくよかった。

夫はセックスしてくれなくなって毎日オナニーの日々で、性に飢えてたらしい。

セックスのテクはすごくよかった。

「あ~あっ、イイ」

「亜樹さん~あっ、あぁ」

「徳永君入ってるよ解る?」

「はい、亜樹さんのに俺のが全部入って、出入りしてます」

「太い、徳永君の太い、あぁぁん」

「亜樹さん、最高だよ。こんなセックスしたことない、こんなに気持ちいのは初めてだ」

「主人のより太くて硬い、私もこんなに若くて立派なおちんちんは初めてよ」

「亜樹さん乳首立ってるよ」

「触って、乳首感じるの」

「こう?」

「あんっ、気持ちい~もっと強く~あんっ」

「あぁ亜樹さんそろそろ逝きそうだよ」

「私ももう少し、一緒に逝こう」

「アァああぁイクあぁイクよ~」

「いいわ私もイク、中に頂戴全部中に」

「でも、中は」

「いいの、中でだして」

「あぁダメだっイクッあっぁ」

「暖かい出てる、全部出して」

「あぁ~あぁ」

「全部出した?」

「はい、全部、出しました」

亜樹さんに精液を全部出して抱き起こしてディープキス。

そのまま対面座位で亜樹さんの乳首を咥えて突き上げた。

ギュっと亜樹さんがしがみ付いてきた

興奮してさらに激しく突き上げて

『あっイクっ、中に出すよ』

『うん、中に・・・全部中に』

二度目の中出し。

亜樹さんのまんこからちんぽを抜くと、二回分の精液と亜樹さんので混ざった体液が出てきました。

体位を正常位にかえて若さを生かして長時間高速ピストン運動で亜樹さんのまんこを攻撃。

さすがの亜樹さんもこれには耐え切れずに早くも絶頂寸前。

まんこの締め付けがすごくなってきました。

亜樹さんのまんこの締め付けでこっちも射精感が。

「亜樹さんのまんこが締め付けてくる」

「あぁん、もっとぉ」

もっと快感が欲しがっていたのでアナルに亜樹さんのバイブを突っ込んでやった。

これまで以上に感じ始めた。

「あっ、ダメう○ち出そう、あっ」

「亜樹さんイクよ、亜樹さんも早く、一緒に」

「ああぁだめ、イク~漏れるぅ~」

叫び声とともに逝ったようだった。

三度目の中出し。

バイブは突っ込んだままにしていたら少し出てきていた。

それを亜樹さんが指で出てこないように抑えていた。

まんこにテープを貼って精液が出てこないようにしてバイブの代わりにアナルにはちんぽを突っ込んでやった。

アナルで30分くらい突いていたと思う。

「亜樹さん、何かちんぽに当たるんだけど。もしかしてう○こ?」

「徳永君汚いからぬいて、お願い、抜いて」

「亜樹さんイクよ」

「抜いてお願い、逝く」

「逝きたいでしょ?このまま逝くよ」

「あぁぁぁぁ」

「アナルにも」

アナルにも中出ししてちんぽを抜いたら、う○ちがいっぱい出てきた。

時間もそろそろやばかったので帰った。

今ではセフレになってます。

いつも中出しでやらせてもらってます。


亜樹さんは30歳の奥さんでまだ子供がいなく、綺麗なスタイル。


今で言う美熟女?美魔女系の若妻って雰囲気

人妻のオナニーなんて滅多に生じゃ見られないと、覗き込むように見てたら動かなくなった。

どうやらイッたみたいだ。

そして、覗かれてるのに気づいて、ヤヴァイと思ったら普通に窓を開けて話しかけてきた。

心臓バクバクで何か言い訳を考えないと必死に考えていると、セックスへのお誘いだった。

見た目通りのスケベな主婦だったwww

お隣さんの玄関に入るなり、いきなりディープキス、鍵をかけて亜樹さんの寝室へ。

ベッドに座らされズボンを下ろされてフェラをし始めた。

待ちきれなかったらしく美味しそうに咥えてた。





すぐにイってしまったがそのときも亜樹さんは何も言ってないのに精液を全部飲んでくれた。

全裸になってベッドに押し倒されて騎乗位で生挿入、胸はでかくないがまんこの締りはすごくよかった。

夫はセックスしてくれなくなって毎日オナニーの日々で、性に飢えてたらしい。

セックスのテクはすごくよかった。

「あ~あっ、イイ」

「亜樹さん~あっ、あぁ」

「徳永君入ってるよ解る?」

「はい、亜樹さんのに俺のが全部入って、出入りしてます」

「太い、徳永君の太い、あぁぁん」

「亜樹さん、最高だよ。こんなセックスしたことない、こんなに気持ちいのは初めてだ」

「主人のより太くて硬い、私もこんなに若くて立派なおちんちんは初めてよ」

「亜樹さん乳首立ってるよ」

「触って、乳首感じるの」

「こう?」

「あんっ、気持ちい~もっと強く~あんっ」

「あぁ亜樹さんそろそろ逝きそうだよ」

「私ももう少し、一緒に逝こう」

「アァああぁイクあぁイクよ~」

「いいわ私もイク、中に頂戴全部中に」

「でも、中は」

「いいの、中でだして」

「あぁダメだっイクッあっぁ」

「暖かい出てる、全部出して」

「あぁ~あぁ」

「全部出した?」

「はい、全部、出しました」

亜樹さんに精液を全部出して抱き起こしてディープキス。

そのまま対面座位で亜樹さんの乳首を咥えて突き上げた。

ギュっと亜樹さんがしがみ付いてきた

興奮してさらに激しく突き上げて

『あっイクっ、中に出すよ』

『うん、中に・・・全部中に』

二度目の中出し。

亜樹さんのまんこからちんぽを抜くと、二回分の精液と亜樹さんので混ざった体液が出てきました。

体位を正常位にかえて若さを生かして長時間高速ピストン運動で亜樹さんのまんこを攻撃。

さすがの亜樹さんもこれには耐え切れずに早くも絶頂寸前。

まんこの締め付けがすごくなってきました。

亜樹さんのまんこの締め付けでこっちも射精感が。

「亜樹さんのまんこが締め付けてくる」

「あぁん、もっとぉ」

もっと快感が欲しがっていたのでアナルに亜樹さんのバイブを突っ込んでやった。

これまで以上に感じ始めた。

「あっ、ダメう○ち出そう、あっ」

「亜樹さんイクよ、亜樹さんも早く、一緒に」

「ああぁだめ、イク~漏れるぅ~」

叫び声とともに逝ったようだった。

三度目の中出し。

バイブは突っ込んだままにしていたら少し出てきていた。

それを亜樹さんが指で出てこないように抑えていた。

まんこにテープを貼って精液が出てこないようにしてバイブの代わりにアナルにはちんぽを突っ込んでやった。

アナルで30分くらい突いていたと思う。

「亜樹さん、何かちんぽに当たるんだけど。もしかしてう○こ?」

「徳永君汚いからぬいて、お願い、抜いて」

「亜樹さんイクよ」

「抜いてお願い、逝く」

「逝きたいでしょ?このまま逝くよ」

「あぁぁぁぁ」

「アナルにも」

アナルにも中出ししてちんぽを抜いたら、う○ちがいっぱい出てきた。

時間もそろそろやばかったので帰った。

今ではセフレになってます。

いつも中出しでやらせてもらってます。
関連記事
[ 2017/11/13 00:26 ] 淫乱痴女体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。