熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  淫乱痴女体験談 >  綺麗な夜景に誘われてイケメン部長と不倫

綺麗な夜景に誘われてイケメン部長と不倫

私は32歳の人妻OL です。
5年間お世話になったイケメン
部長45歳が大阪に転勤になりました。最後だからと食事に
誘われOK しました。それまでも
何度か誘われた事がありましたが、人妻なのでお断りしてきました。でも部長から好意を持たれてるのかな?と思うと正直
嬉しかったです。


その日は
フレンチ→ホテルのバーの
流れでした。部長は引っ越しが
完了してそのホテルに泊まっていました。
「夜景が綺麗だから部屋に寄りなよ。」
と言われ、少し迷いましたが
付いていきました。
その時点で男性からしたら
OK ですよね?
私ももしかして覚悟があったのかも・・
夜景を眺める私の後ろから部長が抱きしめて来ました。
「優子さん、ずっと好きだった・・」
私を振り向かせてキスをしてきました。
「部長・・私には夫が・・」
私の言葉を遮るように部長の
舌が私の口の中に進入してきました。
気が付いたらベッドに寝かされ
耳たぶや首筋に愛撫をされました。夫以外の舌先に私はドキドキです。
タイトスカートから伸びた
ストッキング越しの脚を丹念に
タッチされました。
「優子さんの脚を触りたかった・・」
ストッキング越しに私の太もも
、ふくらはぎ、スネをジックリ
愛撫です。部長の舌がつま先に
来たときは焦りました。
「部長!お風呂に入ってないからダメ!」
部長は構わず私のストッキング越しの足の指を一本ずつ丁寧に
舐めていました。夫がしたことがない攻撃に私はカンじて来ました。ブラウスとスカートを
脱がされブラジャー、ストッキング、パンティの下着姿を部長に晒してしまいました。
「優子さんの制服の中、何度も想像したよ・・やっと見れたよ・・!」
部長の手が私の90㎝の胸を包んでいるブラジャーを揉み始めました。
「やっとこのおっぱいにたどり着いた!」
私は胸が大きいのは自覚していましたし男性社員からは巨乳と言われてるのも知っていました。
「やっと見れる!どーなってるんだ!?」
見せてもいいの!?
夫以外に!?
部長の手がブラジャーを脱がす
瞬間、主人の顔が浮かびました。
「優子!見せないでくれ!」と
訴えてるような泣き顔でした。
私は我に帰りました。
部長にブラジャーを脱がされる
瞬間に必死に乳首を隠しました。
「部長!ごめんなさい!これ以上見せられません!」
部長はあっけにとられていました。
「その手をどかすと待望の
乳首なのに・・」
「部長!素敵な紳士の部長で
いてください・・!」
部長は紳士でした。
そこでエッチは終了しました。
「君の巨乳の乳首の色と形は
永遠に謎のままか・・笑」
部長はため息でした。
エッチ寸前まで行ってしまった事に夫に申し訳なく思ってます。でも大事なところは見られなかったから許してね!苦
関連記事
[ 2017/11/03 22:05 ] 淫乱痴女体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。