熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  恋愛体験談 >  処女喪失と同時にプロポーズ

処女喪失と同時にプロポーズ

高校の頃、童貞と処女を捧げあった元カノが結婚しました。
大学進学で東京へ出ることで一時的に別れたつもりでしたたが、卒業して戻ってきたら婚約者がいました。
「ごめんね。私、今度結婚するんだ。」
俺も、大学時代に彼女を作ってたから、その間に元カノが恋をしても仕方は無いのですが、ショックでした。


可愛い元カノのオッパイ、オマンコ、思い出すととても辛くて、あの男に揉まれ、あの男に舐められ、あの男のチンポを入れられていると思うと切なくなりました。
月に2,3回、スーパーマーケットで元カノを見かけるたび、落ち込んでいました。
その元カノがパッタリ姿を見せなくなりました。
嫁いだんだな・・・と思いました。

その後、職場の女性などと飲みに行ったり遊んだりしているだけで、彼女を作る気分になりませんでしたが、彼女の姿を見かけなくなって1年、隣の職場の女性に告白されました。
可愛かった元カノと比べたら見た目は少し残念ですが、大人しくて真面目なところと、元カノより5歳も若いところを評価して、付き合ってみました。
彼女は、実に健気でいいお嬢さんでしたが、結婚してしまっても元カノの事が忘れられずにいて、付き合って3か月過ぎてもキスどころか手も握っていませんでした。

そんな時、久しぶりに近所のコンビニで元カノを見かけました。
元カノは、大きなお腹を抱えて車に乗り込みました。
心の中で何かが弾けました。
元カノが足を開いてオマンコを弄られて、嬉しそうに感じて、そこへ旦那の生チンポがグサリと刺さって、元カノがヒイヒイ喘いでいるのです。
パンパンパンパン・・・元カノに連打された旦那のチンポ・・・そして、ドッピューーーーと元カノのオマンコの中に精液が浴びせられたのです。
ウットリとした表情で旦那の精液を受け入れた元カノのオマンコから、旦那の精液が逆流して流れ出したのです。
毎晩、旦那の生チンポを受け入れて、オマンコに精液を出された結果が、あの大きなお腹なのです。
踏ん切りがつきました。

「私の事、嫌いですか?可愛そうだからって、無理に付き合っているのなら、ハッキリ言ってください・・・」
4か月も手を握らなっかった俺に彼女が言いました。
思わず彼女を抱きしめました。
20歳の女の子の甘い香りが私を包み、自然にキスしました。
ちょっと垢抜けない彼女ですが、不細工ではありません。
かなり可愛かった元カノと比べるからいけないのです。
キスした後、ホテルに誘いました。
黙ってついてきた彼女の裸は、地味で垢抜けない見た目と裏腹に、キュッとしてボンでした。
色白の内股にピンク色が鮮やかなオマンコがクパァと割れていました。
「あの・・・私、初めてなので、優しくお願いします・・・」
元カノ以来の処女・・・感激の処女膜姦通を果たし、私の精液を浴びた彼女にプロポーズしました。
「全然、手も握ってくれなかったのに、初めてセックスして、プロポーズなんて・・・」
ポロポロ泣き出した彼女と、その半年後に結婚しました。
私26歳、彼女21歳の若い夫婦は、妻が結婚してからセックスの快感を覚えたので、新婚生活はセックス三昧でした。

現在、結婚して9年、30歳の妻は7歳4歳1歳の3人の子供の母親です。
末っ子の授乳期が終わってからは、3人産んでもキュッとしてボンの身体に縄をかけています。
妻は、ヒョンなことでネットの画面に現れたマゾ調教の写真を見て、
「こんなことされたら感じちゃいそう・・・」
と言ったのです。
これから、妻とマゾ遊びも楽しんでいきたいと思います。
関連記事
[ 2017/11/01 20:09 ] 恋愛体験談 |
[タグ未指定]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。