熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  アブノーマル体験談 >  母と父の盗撮SEXビデオ

母と父の盗撮SEXビデオ

俺は社会人6年目の会社員家から通う童貞です。
風俗は好きじゃなく、AV観賞も嫌いだ。昔から熟年夫婦の営みに興味があり、色っぽい熟女を見ると、旦那さんとどんなセックスしてるんだろう。見てみたいと思ったりしている。さすがに覗きは犯罪なので我慢している。


両親なら大丈夫だと思い、小型のビデオカメラを買い、両親の寝室に仕掛けることにした。父は50歳の普通の会社員、母は46歳のパート従業員、決して美人ではないが友達に言わせると色っぽいらしい。たしかに熟女のいやらし肉付きの身体は母親でもたまらない。友人に母の下着を売れと言われるがさすが断っている。昨年の年末両親はやり納めをするだろうと確信し、両親がリビングにいるときに寝室の見つからない場所にビデオカメラをセットした。
前の日の忘年会で疲れたと言って早めに部屋に入った。両親の部屋は2階の一番奥の部屋、俺の部屋は1階なので両親が風呂に入っる間にトイレに行くふりをしてビデオカメラのスイッチを入れた。案の定二人は風呂から上がりリビングで会話をしたあと2階に上がっていった。もし今日がだめならまた明日盗撮しようと思い、布団に入っていると昨日の疲れで本当に寝てしまったた。次の日ビデオ回収し、両親が買い物に行くというので、部屋で再生してみた。「ビンゴ!」やっぱり昨日やったんだ。バッチリほんとバッチリ映っていた。俺の股間はビンビン、心臓はバクバクだ。最初に父が部屋に入ってきて布団を敷いていた。ティッシュも枕元にもってきて「これはやる」と思った。父は我慢できないのか裸になった。俺のペニスよりもりっぱだった。しばらくすると母がパジャマ姿で入ってきた。父をみて「もう脱いだの」といいながら髪を乾かした。あまり会話はないようだが、熟年夫婦だからわかりあっているのか。声もバッチリ入っている。やがて母は父の布団に入りキスを始めた「あ~ん」母の吐息が漏れる。父が母のパジャマを脱がし、豊満な乳房を後から揉みだした。俺の股間は爆発しそうだ。母は横になり父に大きく脚を広げあそこを舐められはじめた。「あ~ん!いぃ!あなた~」母の卑猥な声だ。昼間は決して聞くことのない。母の喘ぎ声、そして豊満ないやらしい母の裸体がのけぞる。父も「順子!」「ママ!」と母の名前をよんだり、ママとよんだり興奮してるようだ。父のいきり立ったペニスを母の卑猥な唇がしゃぶっている。カメラをズームして見ると美味しそうにくわえている。父は母の上に乗り、母のあそこにいきり立ったペニスを入れる。「ママ!入れちゃうぞ!」母は「あ~ん!あなた早くきて!」父の腰がピストンするたび、「あ~いぃ!いぃわ!あなた~もっと突いてぇ~」母のこんな卑猥な姿みたことないので、俺は我慢出来ず発射してしまった。そのあと両親は体位を変え、母の肉付きのいい白い尻を突き上げ、父がバックから「パンパン!」と突く、布団のシーツを掴む母の薬指の指環が卑猥だ。その後横になった父の上に母が股がり腰を振りだした。母のあそこはよほど締まりがいいのか、父は我慢できずいきそうだ。母も俺に聞こえないように声を我慢してるようだが、時たま大きな声を出してしまう、「あ~あなた~いったゃう!あなた~」「いくぅ~いったゃう!」父も「うぅ!順子~うぅ!ママ~」「いきそうだ!いくぞぅ!」と二人して果てていた。その後別々に自分のあそこをティッシュで拭き取り、明日の買い物の予定とか話して、寝たようだ。AVやドラマのように余韻の会話などないようだ。このビデオは大事に保管し、オカズにしている。他人の盗撮はできないのでこれからも両親の営みを盗撮するつもりだ。
関連記事
[ 2017/10/29 20:17 ] アブノーマル体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。