熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  淫乱痴女体験談 >  腐女子主婦が前戯無し挿入に萌える

腐女子主婦が前戯無し挿入に萌える

テニプリのミュージカルが大好きな腐女子主婦です。

ハッキリ言ってショタコンの私は、妄想し、時には慰めていたのですが・・・・、

そんな私もついにリアルな経験ができました(>_<)恥


実は、きのうまで沖縄の離島に行っていました。そこでの体験です。

私たち夫婦はダイビングという共通の趣味があるので、年に一度は潜りに行くのですが、今回お願いしたショップは少人数制で、その日は私たち夫婦と高○生みたいな男の子の3人だけでした。

その子は、見た感じは17,8歳。

ひょろっと細いのですが、良く潜っているのか髪の毛は海焼けしている感じで、色も黒く、身体も締まっていました。

同じダイバーでもうちの亭主の様なブヨブヨ君とは大違いでした。

顔立ちもハンサムというのではないですが、しょうゆ顔(古いかな?)で、子供っぽい話し方ですが、それなりに礼儀正しくて爽やかな感じ、なにより背が高くて、振り向かなければ「もこみち」風。

私、20年ぶりぐらいにトキメキました。正直一目惚れです。

とはいえ、ワクワクドキドキできたのはボートの上だけ。

2本潜って私たちオジサン&オバサンチームは終了。

彼は3本潜るというので、お別れ。

明日もお互い潜る予定だったので、明日会える事を期待してその日はホテルに戻りました。

ところが~。

居酒屋で食事をし、いつもの様に泡盛をがばがば飲んだ亭主はダウンし、私一人でホテルのコインランドリーでダイビング道具の片づけや洗濯をしていると・・・なんと彼がやって来たんです(^_^)b

もちろん迷わず話しかけました^^

最初は全然Hな気分では無かったんです。(たぶん)

でも、よ~く聞いてみたら彼、20歳になったって言うんです。

そ、こ、で・・・私、勇気を出して言ってみました。

「な~んだ、じゃあビールでも飲む?」

もちろん、頭の中はいつもここで読んでいる様な妄想で一杯です

実は、私男性経験は3人ぐらい、しかもCは旦那しかいないんです。

でも、もうオバサンだからでしょうか?その時は大胆でした。

(っていうか、我が家はすでにレスなので、がっついていたのかな?)

コンビニでオリオンビールを6本買ってきて、洗濯物が終わるまで…なんて言いながら、港で2人で飲みつつ

「彼女いるの?」
「もてるでしょ」
「私みたいなオバサンとじゃ寂しいよね~」みたいな・・・

たぶん、キャバ嬢を口説くオッサンみたい。

そして・・・「私@@君だったら浮気しても良いな」と目を見つめ、手を握ってしまいました!!

すると、彼も「mariさん」と抱きしめて濃厚なキス!!

大成功です。でも…私その後の展開まで考えてなかったんです。

なんとなくそんな風になりたいとは思ってましたが、実際にどこまで行くのか?経験の無い私には判りませんでした。

若い彼は、そのまま私を押し倒し…って、下はコンクリで痛いし、目の前にはホテル。部屋からは見られちゃいます。

なんとかストップさせて、つい言っちゃいました「お部屋いこ?」

ああ、もう「やるしかない!」状況です。

パンツもダサダサ、お化粧も口紅と眉だけ、しかも男性経験ほとんどなし。旦那がもし目を覚ませば疑われちゃうかも。

そんな状況で・・・どうしよう。

彼の部屋に行くまで、いろんな事が頭を渦巻いて、部屋につくまでの時間が長いこと長いこと・・・実はかなり凹みました。

部屋についた時には、さっきまでのエロオヤジモードは陰を潜め、ドアを閉めるとすぐに抱きついてきた彼をぎゅう~っとして、

「こわい」なんて言ってました!!

たぶんそのとき彼は「大丈夫、中には出さないから」とかなんとか…

やっぱ男っておバカさん。

たいしたテクニックもない私は、若い彼の望むまま、前戯も無しで挿入され、中で彼のを受け止め、青臭い彼のモノをしゃぶらせられ、何度も何度も挿入されました。

たぶん途中から外に出してくれる様になった様ですが、気がつくと彼の精子で私はべとべとになっていました。

3時間ぐらいずっと抱かれていたと思います。

「よかった?」なんて聞いてくる彼に頷くことも出来ません。

満足感と開放感っで一杯でした。彼の部屋を出たのは、4時近くでした。

洗濯物を乾燥機に入れ、洗濯室で2人でキスをしたり、またたっちゃった彼のモノをお口で慰めたり・・・。

翌日は風邪を引いたと言って私だけダイビングをお休みしました。

実は、彼もお休みです。旦那一人で潜っている間、私はクリーニングの終わった彼の部屋で真新しいシーツの上で抱かれていました。

明るい時間、ちょっと疲れ気味でしたが、不思議と化粧ののりも良く、下着も一番良いモノを身につけました。

今度はゆっくりとお互いの身体を確かめ合って・・・最高です!

お互いの携帯番号やメールを交換し、私たちは先に東京に戻りました。

彼は関西で暮らしているので、冷静になれば連絡はもらえないかも?

でも、きっとまた抱いてもらえる…抱かれたい…です
関連記事
[ 2017/10/26 00:06 ] 淫乱痴女体験談 |
[タグ未指定]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。