熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  NTR体験談 >  主婦の托卵日記

主婦の托卵日記

看護学校出身です。高校の頃、二年先輩の男の子と付き合っていましたが、看護学校に入ってからもそのお付き合いは続いていました。彼は当時大学生でHさん。学校の近くに看護学生の寮があり、時々Hさんも遊びに来ていました。そんなことでまもなくHさんと結ばれました。もちろん私もHさんともに初体験の相手です。



まだ学生だし将来の結婚など意識していなかったので、そんなに束縛するということもなく過ぎていっていました。ただ、初めての相手でもあるので会うたびに夢中で愛し合っていました。やがて私も学校を終え、近くの病院に勤めることになりました。勤めるといったもまだまだ未熟、先輩の助手のような仕事ばかり。

そして私が23歳、Hさんが25歳のとき結婚しました。結婚といっても届けを出しただけ。その頃から時々夜勤も入り始めました。担当する病棟の夜間は中年の医師一人と、私だけのことが多かったです。内科でしたが難しい患者さんもいなく数時間に一度程度見回りする程度の仕事でした。

それまで同僚から色々聞かされていました。その中にこんなことも。「(医師と看護師が)万が一のとき既婚者同士ならより安心・・」医師と私が交代で休眠室を利用していましたが、あるとき寝てしまいました。ふと目を覚ますと医師も隣のベッドで休んでいました。

夜勤勤務ってこんなことなのか・・ある夜「若妻なんだね、かわいいなあ」なんて言われいたし警戒心もうすれていました。手を引かれてベッドで抱きしめられてしまいました。夫のある身だしかなり抵抗したのですがとうとう犯されてしまいました。

二人目の男性です。奥さんもお子様もいて長い結婚生活の医師。どんなものかなあ、との好奇心もありました。最初は受身でしたがこちらからもアクションして、体位も工夫してセックスを堪能しました。「二人だけの秘密だよ」と言われ安心の心に浸って何ヶ月も続いていました。夫には完全に秘密にしていました。

まもなく妊娠しました。夫とも週に二度ほど交わっていましたので、どちらの子供か判別できません。夫も妊娠を喜んでくれましたのでとても言えません。時々同僚の人妻看護師が遊びに来て私の「真面目な夜勤の勤務ぶり」を話してくれていたので夫は心配しなかったようです。

そして長男が誕生しました。血液型が夫、私、医師の三人ともにO型です。後に、DNA検査をしましたが間違いなく医師のこどもでした。同僚の看護師さんが手配して調べてくれたのです。そして「黙っていれば永遠に分からないよ」と言ってくれ、その後ずうっと秘密のままです。

今、その子は国立大学の医学部で医師の勉強を続けています。旦那様の子供でないことを知っているのは、私と同僚の看護師さんだけ。その看護師さんは、私が夜勤で不在のとき、私の夫の下のお世話もしてくれていましたので夫も私も頭が上がらない関係です。

その看護師さんのお子様も国立の医学生です。そのお子様のお相手もひょっとすると結婚相手のお子様でないのかも、と考えることもあります。
関連記事
Yahoo!ブックマークに登録
[ 2017/08/26 00:21 ] NTR体験談 |
[タグ未指定]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。

メールフォーム