熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  不倫浮気体験談 >  新妻のイケナイ不倫旅行

新妻のイケナイ不倫旅行

私、今の主人と幸せで、まだまだ新婚気分です。
式は挙げず、入籍手続だけでした。

私の友人には、本当に申訳ないことだったと思ってます。
仲のいい昔の友人三人で、久しぶりに集まって、温泉旅行に行く約束をしました。三人のうち一人だけ、彼がいたんです。


直前になって、その彼も誘って4人で行く事になりました。
変なことではなく、3人はそういう信頼関係だったということです。


その人かっこいいなとか思って、つい、ちらちら見てしまいました。
車の中で何気なく、私はある「呪文」を小声で何回か唱えました。

次のパーキングで、彼がそっと、深夜に二人で混浴の露天風呂に行きませんかと、私を誘いました。

わたしびっくり、だって彼女に悪いし、状況がつかめませんでした。
迷いに迷いましたが、勇気を出して行きました。

混浴露天風呂は、深夜なのに人がいっぱいで、異様な雰囲気でした。

二人で並んで温泉につかりました。
私は、ほかの男性客のたくさんの視線を感じて、めまいがしました。気がつくと、彼がやさしく肩を支えてました。 

私、ドキドキ期待しちゃいましたが、「心配だから、部屋に戻ろう」と彼が言い出して、その日は、彼とは何も無しでした。





私が彼に声をかけられたのは、「呪文」の効果だったのかもしれないと、翌朝、やっと思いあたりました。

東京に昼頃に帰って、みんな別れて、すぐに私だけあの人に呼出されて、ラブホに。シャワーして、いきなり濃厚にキスされて、「好きだ、好きだ」と何回も言われながら、乳房をもまれたり、私の恥ずかしいところに、あの人が顔をうずめたり‥‥。

わたし、あの人にされるままになってて、たくさん愛してもらって、あんな満足感は初めてでした。

でもびっくり。あの呪文、そんなに効果あるの?って感じでした。 
 
私の友人には、あの人が別れ話を持ちかけたようでした。
彼女に「ごめんね」と電話したら、一言、「いいの。彼から誘ったんでしょ。幸せにね」って言われました。ほんとにごめんなさい。


その呪文のことですけど、私には以前から、「和歌」という高尚な趣味がありまして、ヘヘ‥‥。和歌のカルチャースクールにも通ってました。 

そこで知り合った、OLさんと、おしゃれな年配のご婦人と、三人でお茶したとき、その年配のご婦人に、万葉集よりも古い和歌なのよと、教えてもらいました。 

「お目当ての男性を、自分に惚れさせることができる」
「男性の場合も、目当ての女性を、自分に惚れさせる」
そういう、効果抜群の呪文だから、乱用しちゃだめよと言われて、ケータイに、メモ入力しておきました。
 
私は呪文の効果を信じてて、使うタイミングもよかったみたいで、想定外の効果に、逆に唖然としました。

OLさんは、呪文とかあまり信じてなくて、チャラ男くんにいたずらに呪文使ったら、付きまとわれて、いまだに大変そうです。

ケータイメモに残ってる、その呪文(和歌)を紹介します。
 
「紀州こそ(きしいこそ)妻を身際に(つまをみぎわに)
琴の音の(ことのねの)床に我君を(とこにわぎみを)
待つぞ恋しき(まつぞこいしき)」

これだけです。これを何回も何回も、小声で唱えるんです。前から読んでも後ろから読んでも、同じです。

和歌の意味も教えてもらったので、記憶で書きますが、すごい内容ですよ。

「私の住まいは紀州です(紀州の私たち一族の屋敷を訪ねて下さい、という誘い)性交の手伝いをする妻(身分の高い女召使い)は準備させてます(一緒に乱交)琴の名手たちの妖しい曲の演奏で(その気分を盛り上げます)
それ専用の特注ベッドを(しつらえます)
いとしいあなたとの、その時を待ってると、恋しさで胸が苦しいほどです。」 

「ほつまつかい」という名前の呪文で、男性が女性相手に使っても、同じ効果があるそうです。くれぐれも乱用しないで。合コンなんかで、相手構わずもてようとして使ったりしちゃ、絶対だめです。わたしが言うのも変ですが、お互いの幸せのためだけに使いましょう。


ここで、補足説明に、エッチな蘊蓄(うんちく)をひとつ。

昔の豪族や名家などでは、世継ぎの男児の確保が一大事でした。そこで、閨房でのおこないには、身分の高い女召使いも加わって、乱交のようなことをするしきたりがありました。

仰向けに寝ているだけの若主人様に対し、自分の口や女性器などをもちいて、性欲を盛り上げるまでが、その女召使いたちのお役目でした。

主役であるご正室や側室がたは、前戯などに労力を使うことはなく、ただ、若主人様からほとばしる精液を女性器で受取るだけでした。

お世継ぎをもうけるために、そこまでやるのです。
なんか、今の時代の、競争馬の種付けみたいな話ですけど(笑)。

当然ながら、女召使いたちはそのお役目のときに、若主人様の愛の液体を、自分に頂戴することなど許されません。ご身分が違いすぎます。

でも、お役目に熱心なあまり、失敗はあったようです。
いわゆる、ご落胤とは大体そういうことなそうです。
関連記事
Yahoo!ブックマークに登録
[ 2017/08/02 13:56 ] 不倫浮気体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。

メールフォーム