熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  中出し体験談 >  格好良く綺麗な生保レデイに中出しエッチ

格好良く綺麗な生保レデイに中出しエッチ

生保レディをナンパしたのは夕方だった


横浜駅の構内にある喫煙の出来る喫茶店で16:00くらいからコーヒーブレイクしてた。

分煙制の喫茶店で喫煙席の入口の席でタバコを吸いながらコーヒー飲んでると、トイメンの席に歳の頃なら30後半の顔だちのハッキリした綺麗な女性がタバコ吸いながらコーヒー飲んでいた。


黒のスーツに白のストライプのスーツでスカートはタイトスカートでカッコイイ感じの女性だった。

誰かと待ち合わせのようで俺の後ろのドアが開くたんびにドアの方に目を向けて、その度に俺と目が合っていた。

そんな事を何回か続けている間に17:00も過ぎて店内も帰宅のOLやサラリーマンで満席状態になってきた。

二人掛けの席にいた俺は店員に一人席に移るように言われ案内されたのがトイメンの彼女の隣の席だった。

軽く会釈して座ると、何回か目が合っていたので彼女も軽く会釈を…

これは!と思い俺は声をかけてみた。

『誰かと待ち合わせですか?』
そしたら彼女が
『えぇ、お客様と商談の予定だったんですけどすっぽかされたみたい…』
『あ~良くありますよね~』

なんて会話からとんとん拍子に会話が弾んで、彼女が生保の営業してる事や人妻さんであることとか色々と話し始めた。

で、『思いきって食事でもいかがでしょうか?』
と誘ってみたら彼女も夕方商談あると旦那に言ってきたので、少しの時間ならば大丈夫との事。

ラッキーと思い、何が食べたいか聞くとなんと餃子が食べたいと言う。

で、桜木町にある美味しい餃子屋に移動してビールで乾杯

餃子が凄く美味しいと彼女も言ってくれて、ビールも杯数も増えていってお腹一杯だというんでお会計して外に出ると…彼女が一言

『寒い』

と俺の腕に絡みついてきたので、『もう一軒行く?』
と聞くと

『暖かいところに行きたい』

なんて言うんで、歩きながら近くのシティホテルを携帯で予約してチェックイン

部屋に入ると彼女は自分から眠いと言いながらベッドの上に服のままでゴロン。

タイトスカートにパンティーのシルエットがクッキリと…

俺は彼女のパンプスを脱がせてソファーでタバコを一本吸ったが、身じろぎもせず寝息をたてている彼女のタイトスカートを脱がせるとパープルの前がレースで透けているパンティーだった。

あとはベッドの上で彼女をひっくり返したりして、ブラジャーとパンティーだけにした。

上下お揃いのパープルの下着に興奮した俺は、パンティーの上から匂いを嗅ぐとちょっとアンモニアの匂いがしたが、それはそれで興奮した。

俺は全裸になり彼女の横に寝るとブラジャーを外し乳首を摘んだりしゃぶったり長い時間をかけて愛撫してると、彼女の唇から

『うぅ』とか『ふぅっ』とか吐息が漏れてきたのでパンティーに手をもっていくと薄いパープルのパンティーの真ん中が汁で濃くなっていた。

でも、そのまま胸の愛撫を続けると彼女が

『もうダメ…我慢できない』

と目を開けて潤んだ瞳で訴えかけてきた。

俺は足でパンティーを脱がすと自然に69の体勢に…

スレンダーな腰に手を回し彼女のアソコを弄ぶと彼女もビクッビクッと体を震わせるが彼女は俺のモノを口から離さずに悶えた。

彼女のフェラテクは素晴らしく、彼女の唾液でオレのモノはテカテカに光り『ジュボッ…ジュボッ』とやらしいオトをたてていた。

彼女のクリトリスを舌で刺激しながら指をアナルに差し込むと、感じる度にオレの指を締め付けた。

彼女がオレのモノをくわえながら、『もふっ…いれて』と哀願するので騎上位で乗せると彼女自ら腰をグラインドし始めたので、胸とクリトリスを刺激してやるとすぐに逝ってしまい後ろにそのまま倒れこんだ。

軟らかい身体なんでビックリしたが、そのまま腕を取って身体を起こして挫位で突いてやった。

彼女は『あたってる…あたってる』と悲鳴のような声を出してまた果てた。

俺は一旦モノを抜いてグッタリしてる彼女を俯せにしてお尻を引き上げでバックで突いた。

彼女はグッタリしてた身体を固くして枕をわしづかみにして泣き声の様な声を出した。

俺もその声に興奮して最後は彼女のお尻の上に出した。

中出ししたかったがリピートで彼女とは会いたかったので今回は外にだした。

ホテルのハンドタオルで彼女のお尻の上の俺のザーメンを拭いてやると彼女は俺のモノを口で綺麗にしてくれた。

その後はベッドで抱きながらキスしたり、胸を触りながら話しをしたりして21:00過ぎに彼女を帰した。

もちろん携帯電話とアドレスの交換とリピートの約束をして!

彼女がすっぽかされなければ、こんな至福の時間はなかったので、彼女との商談をすっぽかしたお客様に感謝です。
関連記事
Yahoo!ブックマークに登録
[ 2017/07/12 00:18 ] 中出し体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。

メールフォーム