熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  恋愛体験談 >  後輩君にお持ち帰りされて、気づいたベッドの上に寝ていた・・・・

後輩君にお持ち帰りされて、気づいたベッドの上に寝ていた・・・・

私は34歳。共働きしてるため勤め先の付き合いで飲み会へ出席しました。
自分がこんなに酒に弱かったなんて。気づいたら見知らぬホテルのベッドの上。

こともあろうに部下といっていいくらいの後輩の同僚とSEXをしていました。
もちろん彼は私が既婚者であることを知ってます。


一時的にパニック状態に陥りましたが、彼に落ち着くように諭された。
そして彼に「愛している」と告げられキスされました。

酒酔いの残りと動揺と貞操をすでに失ったショックで放心状態だった私は、結局、その夜は彼に身を任せてしまった。
今にして思えば完全に合意SEXです。

後悔してる。無理をしてでも帰るべきだったと反省。
夫には言えないでしょう。

彼とは仕事で会わなければならないのでキツイ。
顔をあわせればSEXしたことを思い出してしまう。

でも無視するわけにもいかない。
彼の言葉で情にほだされ流されたと言っても言い訳にすぎないですよね。

私から何かしたとかいうことはないけれど、まともにSEXしてしまったんですから。
合意SEXは認めざるをえないと思う。状況も違うし夫とは比較なんてしたくない。

イってしまったし気持ち良かったことはこうなってしまったかぎり仕方ないとは思う。
でも妻としては感じてしまったことは恥。

生理ではありませんでしたが、排卵日と離れていたので妊娠は大丈夫だと思います。
職場内での男女関係はダメだと言われるのはこういうことなんだなと実感。

あれからは予想はしてましたが仕事をするのが苦しい。
忘れたくとも彼とSEXしたことを思い出してしまう。

この過ちは一生忘れられないんだろう。
せめてもう少しくらい拒否を示せなかったのかと思う。

彼を簡単に受け入れSEXに飲み込まれた自分が嫌になる。
離れたくとも彼は私を追ってくる。

話はしましたが彼は私を忘れたくないという。
もう彼とは以前のような仕事の関係には戻れないんだろう。

はやく連休に入ってほしい。
そうすればその間は楽になれる。

もしこの状態がずっと続くのなら今の職場を止めようと思ってます。
関連記事
[ 2017/06/16 01:06 ] 恋愛体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。