熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  夫婦のH体験談 >  結婚相手に選んだのは理想の彼じゃなく、居心地の良い相手

結婚相手に選んだのは理想の彼じゃなく、居心地の良い相手

昨年結婚した27歳のOLで
夫は29歳です


夫は身長170cm、年収500万円台、イケメンでもありません


友人たちは夫を見て、
「え?マジ?掲げてた理想と全然違うじゃない。よく妥協したね。」
と口をそろえて言いました。


かつて私は、結婚相手をスペック重視で語っていて、高学歴で年収は800万以上、身長は175センチくらいで次男坊が私の理想でした。

夫はどれ一つとして当てはまりませんが、夫とは一緒にいて全然疲れないし、素の私でいられるのです。

私は、いつの間にか自分の理想と比べて男性の間違い探しをしていたのです。
そのことに気づいたのは、大学時代の恋愛を思い直してみたことでした。

私の初体験は大学1年のときで、とても素敵な先輩で、カッコイイ人でした。
田舎から出てきた私は、都会の洗練された雰囲気にコロッと騙されて処女を盗まれたようなもので、10回くらいエッチしたら他の子に乗り換えられてしまいました。

聞けば、その先輩は、毎年1年性の女の子を何人も食い散らかす事で有名な人だったのです。





2人目は大学2年の時で、バイト先で知り合った26歳の会社員で、レクサスISに乗っていました。

高そうなお店に連れて行ってくれたり、お姫様気分を味わわせてくれましたが、付き合って半年くらいの時、ホテルのバスローブでいきなり縛られて、デジカメで恥ずかしい姿を撮られたんです。
私は暴れて泣き叫んでカメラを奪い取り、記録メディアを粉砕して、さよならしました。


3人目は大学3年、同じ学年の冴えない人で、でも、一緒にいるとなぜか落ち着きました。

秋の学園祭の後、彼がドモリながら部屋に誘うその様子にかなりの決意を感じて、ついていき、彼の部屋で、震える手の彼に抱かれました。

不器用な彼でしたが、私を思ってくれる気持ちが伝わって、とても幸せな気分にさせてくれました。

でも、私と彼は故郷が反対方向で500km以上離れていましたから、卒業する時泣いてお別れしました。

「俺、優希ちゃんが初めてだったんだ。素敵な思い出、ありがとう。優希ちゃんの事は一生忘れないよ。さよなら。」

彼のお別れの言葉、今も忘れていません。
その後就職して1人と付き合いましたが、1年で破局しました。


理想の男性、それは3人目の彼だったんじゃないかと思うようになった時、夫と出会ったのです。

居心地がいい男性、この人と人生を歩いていったら安心するだろうなと思ったのです。

やはり、結婚というのはスペックではなく、好きという気持ちが一番の大事だと思いました。

好きな人なら、例え理想ではない部分があっても、一緒に居たいと思います。
それは妥協ではないと私は思います。

それから、夫とのエッチは明るくて楽しくて気持ちいいんです。
ムードがないとも言えますが、素直に気持ちいいことしようって感じが好きなんです。

それまでの彼氏は、薄暗い照明の下で湿っぽい雰囲気のエッチでしたが、夫は、明るい照明の下でアソコもオチンチンも出し放題、いじり放題で、恥ずかしいことが気持ちいいことを運んでくるみたいなエッチなんです。

「オッパイモミモミー、オマンコグチュグチュー」
なんて言いながら、イチャイチャじゃれ合う前戯で、いつの間にか凄く感じてヌレヌレになって、気がつくと夫のオチンチンでメロメロになっているんです。

それが心地よく感じてしまうなんて、変な夫婦ですね。
関連記事
[ 2017/05/06 21:06 ] 夫婦のH体験談 |
[タグ未指定]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。