熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  風俗体験談 >  九州のソープランドで三十路熟女にデカチンを褒められた

九州のソープランドで三十路熟女にデカチンを褒められた

会社が九州での出店の可能性を探るために
初期の市場調査を行う目的
で、先遣隊として俺が九州へ通うことになった

そこでふと入ったソープで出会ったのが恵理だった。歳は三十路で顔はまぁまぁ程度

だったが、カラダは160cm弱の身長で中肉中背より少し肉付きが良いといった感じ

の俺好み体型で、その日は本気で突きまくり90分で3発も出してしまった。彼女も

俺との相性が良かったのか、海老反りになって何回もイっていたようで「お兄さん

のデカチン凄過ぎ。ねぇ、いつもこんな激しいエッチするの?」などと言っていた

が、俺もそれなりに自信がないわけではないが、こういう場所では話半分くらいに

聞き流しておいた。


その後も九州出張は続き、3度目に恵理に入った時に、よほど気持ちが良かったの

か、SEXの最中に恵理は失禁してそこら中がオシッコまみれになってしまった。

俺は意に介さず腰を振り続け射精して一服していると、我に返った恵理がバツが悪

そうに「ご免なさいね、あんまり良かったもんで…。ワタシこれで上がりなんで、

もし良かったら、何かご馳走させてもらえませんか?」と言っていきたので、俺は

よろんで了解し、店を出てその歓楽街から少し離れた約束した場所で待っていたら




彼女は時間どおりにやって来た。

その後居酒屋で遅くまで飲み、彼女の身の上話も聞かされたが、元々俺は自称聞き

上手なんで全く苦痛ではない(笑)。結局ホテルに泊まることになったが、どこにそ

んな元気が残っていたのか?彼女を何度も抱いた上に、朝は起きぬけの一発までか

まして別れた。

別れ際に彼女が「今度こっちに来る時はお店じゃなく、私の携帯に連絡してくれ

る?」と言ったので俺は頷き、「それなら、今度は俺がおごってやるよ」と言うと

嬉しそうにしていた。

その後、九州に出張した際には、彼女を呼び出し食事&泊りでSEXを思う存分楽

しめるようになった。食事やホテル代はこっち持ちだが、店で会うよりは遥かに安

い上に、時間無制限のヤリ放題なんで、安いもんだと思う。

現在も九州への出張は定期的に続いていて、その度に恵理とヤリまくっている。

恵理も前にも増して感度が良くなり「もう良すぎて疲れちゃった、仕事に行くのが

つらい」と朝こぼすようになっている。

会社の九州出店計画も軌道にのり、別の部署の仕事になりつつあるので、俺の仕事

も一段落しつつあり、来年の後半あたりからは仕事で九州へ行く機会が減ってしま

いそうだが、それまでは恵理とのSEXを思う存分楽しみたいと思う。
関連記事
[ 2017/04/19 19:29 ] 風俗体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。