熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  淫乱痴女体験談 >  淫乱ママさんバレー教室で華麗なる変態調教SEX

淫乱ママさんバレー教室で華麗なる変態調教SEX

33歳で変態嗜好で
物凄くマニアックな性癖をもっています


ちなみに変態な私は既婚者です


私の性癖、フェチはオマンコではなくて
女性の顔を汚す事に執着をしています。

そお言う嗜好に目覚めたのは、20歳の大学時代でした。

当時、近所の知り合いの人妻に、ママさんバレーのコーチを頼まれて、

週2回、夕方から小学校の体育館でママさん達に教えていました。


○学生の子供を持つ、35歳オーバーの熟女の人妻達です。

何人かは、35戴以下の若いママさんも、居た記憶が有りますが、

20歳の私からしてみれば、みんな同じオバサンに見えました。


旦那さんに構ってもらえない、欲求不満をバレーボールにぶつけて、

発散をしている様子でした。(みんな大変元気な熟女達です)


大きな胸を「ユサユサ」と震わせて、コートを走り廻っています。

中には、ノーブラの乳首がユニホームの下で起っているのが判ります。


熟女達が汗を掻くので、体育館の中は「プンプン」とメス臭が漂って、

若い私は、バレーボールどころでは、なくなってしまう事も有りました。



究極は、休憩の時などに熟女達が体育座りになり、股を開いています。

ジャージやハーフパンの、股間の部分が濡れているのが判ります。


『 汗なのでしょうか? いいえ・・ 淫汁で濡らしているのでしょう! 』


私は、思わずトイレに駆け込んで、自慰でチンポを静めていました。

ある日、練習後の飲み会に誘われて、参加をしたのですが、

私がいるのに、「下ネタ・エロ話し」で盛り上がっていました。


お酒の弱い私は、酔い潰れてしまい、トイレで小○をしようとしましたが、

「フラフラ」で起って出来ずに、個室に入り屈んで小○をしました。


いつのまにか、そのまま寝てしまいましたが、

チンポが暖かくて、気持良いので目覚めました。


『 熟女の人妻が、私のチンポを咥え込んでいるのです! 』


綺麗な顔を歪めて、一心不乱に「ジョボジュボ」と、音を立てています。

快感に耐え切れずに、咥内射精をしてしまいましたが、

熟女は怒る事無く、私の精子を飲み込んでくれました!



童貞では有りませんが、精子を飲んでもらえたのは、初めてで感動していると、

「今度は私の舐めてェ~」と熟女が言い、ジャージとパンツを脱ぎ捨てて、

片足を給水タンクの上に乗せて、便座に座っている私の顔の前に、

オマンコを、押し付けてきました。私の鼻にオマンコが近付くと、


『 なんとも言えない淫臭が漂い、私の鼻腔に充満してきました! 』


汗を掻いて、汚れている熟女のオマンコは、『 臭い! とても臭い! 』

私は、酒のせいも有りますが、臭い匂いが堪らずに、吐いてしまいました。


熟女に怒られると思いましたが、ジャージとパンツを履き直して、

私の嘔吐物の処理をして、介抱をしてくれました。


その時の熟女の口元に、先程の咥内射精で飛び散った精子が付着していて、

綺麗な顔を汚した快感に目覚めたのと同時に、「臭いオマンコ」が、

「トラウマ」になり、オマンコには執着心が、なくなりました。

考えてみれば、オマンコって小○をしたり、生理も有るし、

旦那のチンポを挿入したり、浮気相手のチンポも挿入をしている?


『 不浄の身体の部分ですよね! そお思いませんか? 』


それに引き換え、顔は常に晒しているし、口などは、

話をしたり、食事をしたりと神聖な部分ですよね?



『 その神聖な部分を汚す事で、快楽を得るようになりました! 』

その後、何人かの熟女にホテルに誘われる事も有りました。


私は、オマンコを舐めさせられるのが嫌で、断っていましたが、

何回かは、あの時のように居酒屋のトイレで、チンポを咥えさせて、

熟女の顔や口の中に、精子を「ぶちまけて」あげました!


私は射精が終わると、オマンコを舐めさせられる前に個室を出て、

みんなの席の戻ります。後から熟女が戻って来ると、

先程まで、私のチンポを咥えていた事など、無かったように振舞っています。


『 その口元が厭らしく卑猥に見えて、また興奮をしてきます! 』

街中を歩いていても、女性の口元に眼がいってしまい、


『 こんな澄ました顔をしているけど、チンポを咥えているんだろうな 』と、


思えて、勃起をしてしまう事も有りました。

私も20歳の後半には、援交まがいの事もしましたが、

「なんちゃって」JK・JCでも、オマンコは酷使をされていて汚い!


『 若い張りの有る、口元を犯す方が興奮をしますね! 』

2年前に社内恋愛で、結婚をしましたが、この嗜好は止められません。

いいえ・・ それ以上にエスカレートをしたかもしれません!



結婚前から、妻の口元の「エロ」さに惹かれて付き合い出しましたが、


『 とても従順な女で、私の欲望を何でも受け入れてくれます! 』


一応は夫婦なので、何回かに1回はSEXをしますが、


『 もっぱら、妻の顔や口にチンポを押し付けて射精をしています! 』


私は今までに、一度も妻のオマンコを舐めた事は有りません。

妻も要求をしてこないので、舐めません。


『 私が一方的に妻の顔や口を汚して、弄んでいます。 』


最近は精子だけではなくて、小○プも受け入れてくれるようになりました。

今の私の、お気に入りのプレイは、鼻の穴の中に射精をする事です。


そして、妻に精子を啜らせると、「ツゥ~ン」として鼻が痛いと言うので、

小○プを鼻の穴の中に放出をして「鼻腔内洗浄」を、してあげます。


『 もちろん精子も小○プも、そのまま飲ませます! 』


妻も嫌がらずに、飲み込んでいるので、無理強いでは有りません。

『 私の究極の欲望は、妻の顔に跨り排○プをする事です! 』


口を大きく開かせて、その中に排○プをするのです。



妄想をしただけで、興奮をして勃起してしまいますが、

実際は、排○プ姿や排○プを見られるのが、恥ずかしいので、

『 出来るかどうかは、分かりませんが、「トライ」をしてみます! 』

こんな、偏った嗜好の変態野郎の文章に、最後まで、

お付き合い下さって、有り難う御座いました。

『 排○プレイが成功をした、あかつきには、ご報告を致します! 』

関連記事
[ 2017/02/04 17:09 ] 淫乱痴女体験談 |
私は、70歳です。今、ママさんバレーのコーチをしています。この前は、区の大会で、試合が有りました。2対1で、勝ち、その日は、皆で、終わった後で、居酒屋を借りて、食事会でした。監督も皆、寄っていて、二次会は、カラオケボックスに行きました。一人の女の人は、エッチな話になり、私達は、もう、帰ろうとすると、監督が、私に話が有るからと、言われて、違う、部屋に連れていかれて、ドアを閉めたら、私を抱きしめて来ました。私は、ヤダから、抵抗しました。静かにしないと、皆に抱いた事が、わかるのと、言われて、その部屋で、キスをされて、オッパイまで、触られました。翌日は、また、電話が、有り、監督から、今夜は、ホテルに予約してあり、行かないと、皆にばらすいわらて、行ってしまいました。その日は、私も旦那を亡くしてからは、エッチは、五年ぶりで、やってしまいました。長い棒を入れられた時は、もう、気持ち良くて、忘れられない1日でした。
[ 2017/03/03 10:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。