熟女おばさん淑女のHな体験談

中年おばさんや高齢おばさん熟女のエロすぎるH体験談
熟女おばさん淑女のHな体験談 TOP  >  恋愛体験談 >  不倫相手の奥さんと結婚する事になりました

不倫相手の奥さんと結婚する事になりました

1年間付き合ったセフレの奥さん30歳が急に別れたいと言い出した。

理由は喧嘩していた旦那と最近仲良くなりインポ気味だった旦那が病院治療で治り、子供を作れるように成ったそうだ・・・ 

僕は少しショックだったが、不倫だし引き際も有るし仕方ないので、奥さんに最後のSEXしたいと僕は申し出た・・・

奥さんは危険日なので絶対ゴム付きでと言う事で何とかOKしてくれた・・・
以前なら生挿入は当たり前で、安全日には当然のように中出しもさせてくれていたのに凄い変貌だ


近所のホテルに入りました・・・
奥さんは僕にもう愛情が無く、マグロ状態でフェラもしてくれず、只挿入を待ってるだけの大股開きのダッチワイフ状態に成っていた・・・
僕は悲しくなったがそれでも、ベッドで横たわり大股開きの形で、自分で小陰唇の肉ビラを拡げて挿入を待っている奥さんの姿を見て、僕のチンポはビンビンでカチカチだった・・・
奥さんにズボッと奥まで一気に挿入した・・・
亀頭が奥の子宮頸部にコツンと当たる・・・

瞬間奥さんは
「ううっ」
声を上げそうに成ったが口を閉じようとして我慢している様子だった・・・

最後のSEXなので・・・
僕は早く終わるのは勿体無いので、今度は浅くゆっくり出したり挿入したりした。

ゴム越しだと寂しい気がした・・・
何時ものように奥さんが大声で喘ぐ姿を見たかった・・・
奥さんの顔が歪んでいる。

まだ我慢している様子だ・・・



最後のSEXだから奥さんに嫌われても良いので、痛がるくらい奥まで挿入してやろうと思った・・・
そして奥までゆっくり挿入した亀頭が子宮頸部に触れたが構わず更に奥まで痞えるまでググッと挿入した・・・

段々奥さんが
「ハア・ハア」してきた・・・


僕は奥さんに
「奥さんの奥まで挿って、子宮口押し込んでますよ・・・気持ち良いですか?」
と耳元で囁いた。

奥さんはまだジッと我慢していた・・・
黙っていた。

悔しいので僕はカチカチのチンポで更にガンガン子宮を貫いた・・・

奥さんはとうとう大声で声を上げた・・・
「奥・奥壊れる凄い初めてーもっと・もっと突いてー」
と叫んだので僕は
「ゴム付けたままじゃ止めるよ」と言った・・・

奥さんは黙っていた・・・
今度は生で挿入した。

奥さんの肉壁がチンポに絡み付いてきた。

子宮が受精したがるように子宮口が下がっている・・・

生で挿入しているので膣肉の慌しい動きが、うねる様にチンポに伝わって来た・・・
奥さんは大声で
「硬い・貴方の硬い主人より硬い。

どうしてこんなに硬いのー奥にくるうー」
と叫んでいた・・

僕が下になり、騎乗位の形に成った奥さんがカチカチのチンポを握り締め、自分からオマンコにあてがい腰を落としてきた。


「ズズ・ズブッ」
と根元まで咥えこんでいる・・・

僕が「旦那より良いだろ?と言うと」
奥さんは「あん・凄い硬いのー長くて太くて比べ物にならない位奥に、子宮に届くぅー」
と言いながら僕に股間を押し付けて腰をくねくね振っている・・

奥さんが腰を振るたびに子宮口のコリコリが僕の亀頭と激しく擦れあっていた・・
今度はバックで挿入した・・・

奥さんが「さっきより奥まで来るー」と狂っていた・・・
僕はバックでガンガン突き捲った。

悲しいのか悔しいのか解らないが僕も泣いていた。

涙目に成っている・・・

奥さんの膣奥に精液ダマリのような空間が出来ているのが亀頭の先から伝わって来た・・・
本当に排卵期みたいだった・・・
子宮が精子を求めている様子だった・・・

奥さんの分泌物の白濁液が一杯チンポに纏わり付いている顔を見ながら射精したいので、また正常位で挿入した・・・

奥さんの顔がアヘ顔になっている。

僕はまだ射精したくないので半分だけ奥さんに挿入して、ゆっくりズコズコしていると
「奥まで挿れてー」
と奥さんが懇願してきた。



僕が
「もう出そうだからと言うと」
奥さんは
「もっと激しくしてー」
と足を僕の背中に廻して組み付いた・・

自ら腰を浮かして股間を押し付けてきた。

子宮が降りて来ているので10cm位で子宮頸部に亀頭が当たるが、更に根元まで奥深くまで僕の肉棒を受け入れていた。

亀頭が子宮頸部を上に押し込んでいる。

奥さんの目が潤んでいた・・
恍惚な表情だった・・・

僕は激しくピストンして肉棒を抜いては挿入してを繰り返して、奥まで硬い肉棒をぶち込んだ。

奥さんのコリコリな子宮頸部に亀頭が激しくぶつかると同時に奥さんは犬みたいにキャンキャン鳴いていた。


僕は
「最後中出しさせてと欲しい」
言うと奥さんは我にかえった様に
「駄目・駄目ー今日は駄目、赤ちゃん出来ちゃう日だから絶対駄目ー」
と叫んでいたが僕は中出ししたかった。


後の事は考えずに妊娠させたいと思った。

奥さんも妊娠したがってるかの様に、嫌がりながらも股間を押し付けている。

子宮口を亀頭に押し付けて離そうとしない・・・

僕は更に奥さんの子宮口をゴリュ・ゴリュ突いた・・
思い切り突いた・突いて・突いて突き倒した・・・
既に細かく先走り汁が出ていた・・・
小刻みにもう精子も出ている・・・
何時の間にか奥さんの声が聞こえなくなった・・・

奥さんが失神していたので、最後子宮口に亀頭を押し当てたまま大量の精液を奥さんに注ぎ込んでやった・・・

ドクドク・ドクッと大量の精液を奥さんの子宮にぶちまけた。

3分位奥さんの体に抱きついていた・・・

チンポを抜くと奥さんのアソコは充血して赤くなっていた。

膣口がポカァと開いたままになっているが、精液が少ししか出てこなかった・・・
多分精液プールに溜まったのだと思う・・・
僕は部屋を出た。



PS
この後奥さんは妊娠して女の子を産みました・・・
旦那とは去年離婚しました・・・

女の子は僕の顔にそっくりでした。

実は奥さんと今年結婚しました。

家族3人で暮らしています。

子供は自分の子供です!
関連記事
[ 2016/10/25 20:07 ] 恋愛体験談 |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム
プロフィール

雁村

Author:雁村
熟・オバサンフェチなアダルト向け体験談二次サイトなので、未成年者は退出お願いします。不倫や人妻、そして未亡人など色んな中年ババアとの官能的で過激な性体験。ときにアブノーマルでマニアックな世界を繰り広げる熟女達の宴。投稿された内容はリアルに起きた実話ではなく、フィクションとしてお楽しみください。